白髪染めで若々しさを維持する|髪に優しいアイテムを駆使

使い方は正しく

ヘアーアイロン

濡れた髪に使わない

ヘアアイロンを使って巻き髪にしたりストレートヘアにしようとするとき、使い方を誤れば髪を傷めてしまう原因につながってしまうため、ちゃんとした使い方を知っておくと良いです。よく、髪を半乾きのままでヘアアイロンを使う人がいたりします。そのときにヘアアイロンを使う際にジュッと音がすることがありますが、それは髪が内部から破壊されている音といわれているのです。濡れた髪や半乾きの髪で高温のヘアアイロンを使うと、髪の中の水分が一気に蒸発してしまうのです。そのため髪は濡れたままや半乾きのままでヘアアイロンを使うのではなく、しっかりとドライヤーで髪を乾かしてから使うほうが髪を傷めずにきれいな巻き髪やストレートヘアにしていくことができるようになります。

髪を傷めないように

へアイロンを使ってきれいなヘアスタイルにしたいが、あまり時間をかけたくないと思う人は多く、ついつい高温でヘアアイロンを使ってしまうことがあったりします。確かに200度まで温度を高めることができたりするものが多くありますが、あまりに温度を高くするのは髪にあまりよくありません。モデルやタレントなど、きれいなヘアスタイルにしたいと思う人が多いことでヘアアイロンを長時間髪にあててしまい、髪を傷めて後にヘアケアに取り込まなければいけないようになって困る人も多かったりします。そのようにならないためにもヘアアイロンの使い方をしっかりと覚えて、髪の健康を守ることができるようにやさしく使ってあげることが大切です。